EnCube(インキューブ)体験記

EnCube(インキューブ)体験記

このサイトのトップページでは、EnCube(インキューブ)をおすすめする5つの理由を書いています。

なぜそれをしたのかと言うと、私自身がEnCube(インキューブ)で上達したからですね。

この記事では、

・どうしてEnCube(インキューブ)を始めたのか

・EnCube(インキューブ)を始めて何が変わったのか

これらを中心に私の体験記について紹介していきます。

EnCube(インキューブ)を始めたきっかけは仕事

私は今、とある飲食店で働いています。和食だけを扱っているお店なので、海外のお客さんもよく来るんですね。面接のときにそう言われて「外国人が来たらどうすればいいんだろう」と不安になりました

でも英語で書かれたメニューも事前に用意されているので、大丈夫ですと。絶対に英語を話せるようにならなくちゃいけないわけではなかったんです。

他のスタッフで英語を話せる人は全体の1割もいなかったというのも大きいと思います。そういう理由もあって、英会話を習うんだ!という気持ちはそこまでありませんでした。

だけど何となく英会話ができたらいいなーと思っていて、それで友人が教えてくれたのがEnCube(インキューブ)だったんです。真似するだけなんて本当かなと思っていたんですが、キャンペーン期間中で安いこともあり申し込みました。これがEnCube(インキューブ)を始めた経緯ですね。

努力したら努力した分だけ身になる

始めたきっかけがそんな感じだったので、はっきり言って最初はあまり真面目にはやってませんでした。変化を感じたのはEnCube(インキューブ)に申し込んでから1ヶ月後でしたね。

いつものように外国人の方がやってきて、注文をする。その何気ないやり取りの中にあった英語が、これまでは聞き取れなかったのにまるでスルスルと耳に入ってきたんです。アウトプットの練習をほとんどサボっていたので、そのときは答えられなかったのですが…「EnCube(インキューブ)って効果あるんだ」というのも実感しました。

そこから前の動画を見直して、アウトプットの練習を本気でやり始めたんですね。さらに2ヶ月(申し込んでから3ヶ月)経つと、そこそこに話せるようになって。それで今、やっとスムーズに話せるようになったんです。

私の場合は、ちょっと遅いと思います。大体の人は3ヶ月で満足する結果を掴んでいるので、すべて参考になるかどうかは微妙なところですが…でもひとつだけはっきりと言えるのは、EnCube(インキューブ)は「練習の数」「動画を見た数」分だけ身になるということです。

それもEnCube(インキューブ)でやっていることが、英会話が最短で上達する正しい方法だからでしょう。あなたがEnCube(インキューブ)を始めたら、すぐに実感を覚えると思いますよ。

encubeのイメージ画像
EnCubeのHPへ トップページを見る